あなたが2回目のデートに誘われない理由と改善策

あなたが2回目のデートに誘われない理由と改善策

「私、いつも2回目のデートには誘われないんです・・・」

「毎回初デートの後、フェードアウトされるんです。」

そう、これは何を隠そう、マッチングアプリを始めた頃の私の声です。

私は今まで、82人の男性とマッチングアプリで会ってきましたが、正直に言うとはじめは向こう側からフェードアウトされる事も多かったんです。

もちろん私からフェードアウトすることもあれば、お付き合いに発展することもありました。

しかし、それと同じくらい「2回目に誘われない」という経験もしてきました。

あなたはどうですか?

「2回目のデートに誘われない」と悩んでいませんか?

普段私のところには、女性から「初デートには誘われますが、その後LINEの返事が来ません」というご相談がよく来ます。

そういった相談をされる女性たちの特徴や、過去の自分の振舞いなどを振り返ってみると、「あぁ、2回目に誘われないのは、私達女性側にも原因があるんだなぁ」と思うようになりました。

今日は、私の経験に基づいて、2回目のデートに誘われない原因と、改善策をお伝えします。

男性から2回目のデートに誘われない原因

私の過去の振舞いや、相談してくる女性たちの特徴には〝ある共通点〟がありました。

それは

  • 写真を盛りすぎている
  • 相手を見定める姿勢になっている
  • 意識高い系すぎる

の3つです。

では、これらについて詳しく説明していきます。

特徴① 写真を盛りすぎている

気持ちはめちゃくちゃわかりますよ!!

他の女性たちがバリバリ加工しているなかで、自分だけリアルな写真載せたって、いいねは来ませんもんね。

しかし、詐欺すぎる写真でいいねをたくさん貰ったところで、〝会ってみたら別人〟と思われたら、次に繋がりません

これって全く意味のないことだと思いませんか?

たくさんいいねを貰えたって、毎回別の人とデートするんじゃ、ただの時間の無駄ですよね。

特徴② 相手を見定める姿勢になっている

例えば、

「この人は地雷じゃないか?」

「マザコンじゃないか?」

「本当に高収入なのか?」

「この人はヤリモクじゃないか?」

相手とデートをしている時に、こんな風に相手を疑ったり、見定める姿勢になってはいませんか?

もちろん、危険な相手かどうかをジャッジすることは重要です。

しかし必要以上に、相手を見定めるような姿勢なのはいかがなものかと思うんです。

例えば、あなたが男性をデートに誘ったとして、その男性から自分をジャッジしているような様子が読み取れたら、どう思いますか?

嫌ですよね。

「うわぁ~めっちゃ見定められてるわ」と不快な気分になりますよね。

それは男性だって同じ。

見定めモードに入ってしまえば、まるで冷戦状態のようになり、絶対に楽しい雰囲気にはならないんです。

特徴③ 意識高い系すぎ

やたら拘りがありすぎる女性というのは敬遠されがちです。

例えば、「私ここのお野菜しか食べないんだよね~」とか

「どんなに眠くても、SK-Ⅱのパックをしてからじゃないと寝られない」とか。

男性はこういうセリフを聞かされると、「なんだかこの人と付き合ったら大変そうだなぁ・・・」「俺の手には負えないなぁ」と思うのです。

「でもお金持ちな男性だったら、このくらいで引かないでしょ?」という声も聞こえてきますが、お金持ちな男性が求めているのは安らぎ・癒しです。

めちゃくちゃ美人な女性でもない限り、一緒にいて疲れてしまいそうな意識高い系の人はなかなか選ばれにくいのが現実です。

改善策:2回目も誘われる女になるには

私は前述のとおり、1回目で切られる残念女だったのですが、途中から以下の方法を徹底したところ、初デートに行ったほとんどの方から2回目のお誘いをいただけるようになりました。

その方法を今回はお伝えします!

改善策① 写真は雰囲気重視の全身写真

顔写真にするから、顔のパーツが気になってしまい、やりすぎ加工をしてしまうのです。

なので私は雰囲気でいいねが貰えるような、全身の写真にしました。

とは言っても、宣材写真のようなガチガチのわざとらしさ全開のものではなく、観光地に行った時に友達に撮ってもらった写真などです。

全身写真だと、服装、髪型、スタイルなど、「顔そのもの」というより、自分の雰囲気重視になってくるので、あからさまに盛ったりする必要はありません。(というか顔はそんなに大きく写らないので、詐欺れないですよね)

顔で勝負しているわけではないので、実際にお会いしても「顔が違くない?」といったことにもなりにくいんです。

改善策② 相手を見定めるのはデートの前後

デートの最中に、あなたが見定めモードに入ってしまうと、空気が硬直して絶対に楽しいデートにはなりません。

しかし、危険かどうか見極めるのも重要。

それなら、デートの前後にジャッジすればいいのです。

デートに行くまでに、少しでも引っかかる部分、例えば

  • 返信がいつも短文でそっけない
  • 自分に興味を持ってくれていない感じがする
  • 相手の家に近いところでお店を決めようとする

など、「う~ん・・・」と思う部分があれば、お断りすれば良いのです。

なんとなくの違和感というのは当たっている事が多いので、機会損失などではありません。

「会ってみると、意外と良い人かも?」という可能性は低いです。

82人と会った私が言うので、間違いないと思います(笑)

無事に初デートの日が来た場合は、会っている最中は余計なことは意識的に考えず、精いっぱい楽しんで、デートの後にじっくり思い出したら良いんです。

ただし余計なことを考えないというのは、危険なことを提案されても乗りましょうという意味ではないです。ホテルや家に来ることを打診されたら、そこで終了して結構です。

改善策③ 変に取り繕わない

「自分をよく見せたい」と思う気持ちが多い人ほど、意識高い系になりがちです。

しかし、取り繕った姿というのは、あまり好かれるものではないんです。

意外とダメなところやズボラなところを自己開示した方が、好印象を抱かれることも。

これまで意識高い系になって、自分をガチガチに武装して攻撃態勢に入っていた方は、少し肩の力を抜いてみるのもオススメですよ。

まとめ

「初デートには誘われるのに、2回目には誘われない!マッチングアプリってやっぱりマトモな男の人いないのね!!」

と、人のせいにするのは簡単です。

しかし、「相手に原因がある!」と思っている限り、恋活にせよ、婚活にせよ、成功させるのは難しいと思います。

自分の非を認めたり、自分のダメな部分に目を向けるというのは少し辛いと思いますが、それが出来るようになれば、人生は変わると思います。私がそうだったので。

今回の記事が、少しでもお役に立てていたら嬉しいです。 皆さんがマッチングアプリで素敵な男性とお付き合いできますように!

 

gemedyは独自の集客方法で質の高い紳士な男性を集めています。

↓↓ 無料会員登録はこちら ↓↓